2010年12月18日

【芸法大賞 展覧会】@兵庫県立美術館

おー寒い寒い。

周りが風邪ひきさんばかり。

「としわすれ」の時期ですね。


ぽかぽか陽気の中、マイカー(名前はまだない)をゆっくり走らせて

兵庫県立美術館に行ってきました。

お目当ては、三階ギャラリーで展示中の

【芸法大賞 展覧会】12月14日〜19日(19日は15:00まで)

カタい審査はもういらない一万人がキメる作品はこれだ!!

と言う一風変わった公募展の入賞作品の展覧会でした。


1.jpg

ハナからちょっと道に迷い気味。。。

ギャラリーの場所が分からずちょっと迷ったけど、

チラシを便りに3階まで登ってみると....。


4.jpg

めっちゃええ景色やん♪

小春日和の良いお天気のせいもあって、眼前の案内板に貼られたチラシなんて

目に入りませんでした(ごめんにょ)


2.jpg

この段階ですでに、あ〜来て良かったと思えた。

みんな行くなら明るいうちにどうぞ♪

今年はじめてのこの企画展。

事前にやっさもっさあったりもしたらしいけど、

全国からおもろい絵や、写真、彫刻や、鉄、オブジェ、インスタレーションなどなど、

中の写真は撮れなかったけれど、想像以上のレベルの高さ♪

1作品1作品丁寧に見たくなる。


作家さんの顔も名前も分かんないけれど、

あ〜なんとなく。なんとな〜くだけだけど、

って、

つくった人の顔や作業風景を想像しながら見てしましました。


じーーーーーっと顔を近づけて見てみると、インクの匂いとかするのよね。


あ〜美術館!って感じがしてちょっと嬉しかった。


先日のBodaiju Festaで自分が「触れる写真展」ってのをやったばかりというのもあってか、

気がついたら触りそうになって、

「あぶね〜あぶね〜!今日はそういうんじゃないんだ。違うんだ。」

と自分に言い聞かせてサラリと目立たぬように、手を引っ込めました。


オイラが結構気になったのは、

おすもうさんの絵と、頭のところに花が咲いたキリンのオブジェ。

おすもうさんの絵がまたこれ悪い顔してんだぁ(笑)

一連のニュースを見て書いたのかどうかは分かんないけど、かわいらしく悪い顔してるもんで、

こんなんじゃ憎めね〜よ!

と思いました。


もうひとつの、キリンの頭に花が咲いたやつは、

え〜タイトルが確か、「おめでとう!キリンバージョン」ってのだったと思うんだけど、

真っ白な首の長い動物の頭自体が花だったのよ。

頭の上にじゃなくてね。

キリンバージョンってことは、きっと他バージョンもあるんだろう。

しかもこれを100倍のサイズにしたのが公園とかにあったら嬉しいな。

なんて作者のコメントが書いてて笑った♪


何よりシンプルだけど、キリンの首の先に、いましがたポコンっ♪

って花が咲いたみたいな気がして、なるほど「おめでとう!」か。ニヤリ!


と思わず顔がほころんだのでした。

こういうのをアートとか何とか言うのかな?と思いました。

でも、上から見るほうが良いからでっかくて見上げてしまったら半減だな。うん。


まぁそんな具合でなかなか面白かった。

ぜひ足を運んで直で見たらステキだと思います。

ぜひ♪



【芸法大賞 展覧会】http://geiho.com/taisho/


GAB5frontout2.jpg

※ちなみに、ついでと言っちゃァなんだけど、

美術館のメインの展示の方にも足を運んでみましたyo!!

ドラクロア、ゴッホ、ルノアール、カンディンスキー、ピカソ、コロー、ロダン、ブラックにアンリ・ルソー

まー本物ってやつがいっぱい見れて特しちゃった♪


ゴッホの黄色がチラシと全然違って色が臭って来そうだった。

もっと他も見たいなぁ。ゴッホ。


あと一枚だけあったルソーの絵好きだったなぁ。

画家じゃないのに絵書いてピカソとかに影響与えた人。

やっぱ「知らない」ってのは才能だなぁ〜と強く思ったのでありました。


まぁやっぱしイチバン好きなのはピカソだったけど。

一枚、戻ってまで見ちゃったもの。キュビズムの後の晩年のやつだなあれは。

生命感とかすごいんだからも〜!

あんな適当そうな絵なのに...。


posted by Funny!!平井慶祐 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【けいすけの凸凹日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。