2010年08月07日

この夏!一番カンボジアまみれな思い出を!小豆島編

この夏!「一番カンボジアまみれな思い出」

作る気満々のみなさんにお知らせです♪

まだそんな気がない人は、

そろそろそんな気になっちゃうと良いと思いま〜す!!

もうご存知の方ばっかやと思うんやけど、

8月16日から2週間!!

この日本列島にカンボジアの風が台風並に吹き荒れます♪

ご存知じゃない?

まだ遅くはないのでご安心を♪

まずはツアー日程からCHECK!

8月18日『小豆島』
http://bit.ly/a3LIjm
8月22日『兵庫』
http://bit.ly/d4v3or
8月24日『三重』
http://bit.ly/aSacZh
8月28日『静岡』
http://bit.ly/cDe9s7
8月29日『東京』FINAL http://bit.ly/9QbKhq


まだ予定入ってない方は是非とも!

オイラの写真家人生が始まったキッカケを

くれたカンボジアの子ども達に出会いに来て欲しい!


はじめてカンボジアを訪れたとき、

スラムって聞いてめっちゃビビってたオイラは、

財布はカバンの奥のほう、

カメラもカバンの奥のほう、

ビーサンをスニーカーに履き替えて、

超身構えてバサックスラムってとこに行きました。


あのときの光景は、絵に描けって言われたら書けそうなくらい、今でも鮮明に脳裏に焼き付いてて。

2010_7_30_cambo11289_010.jpg

今でも同じように、わぁ〜〜!!ってボクの前に飛び出して来てくれる。


ちょうどこの夏で5年。

26歳だったオイラは31歳になりました。

オイラとカンボジアの人々との赤い糸は途切れずに続いています

だって切れそうになっても、一緒にカンボジアの空気を腹いっぱい吸い込んだ日本人の仲間たちがいたんだもん♪

今日も着々と、さらに太く頑丈になり続けてますよそりゃぁ♪


「ねぇ。一緒に遊ぼーよー!!」

2010_7_30_cambo11286_007.jpg


「ガガババドダドドッ!」

子ども達が、好奇心丸出しで飛び乗って来て

強引にオイラをプロレスごっこに誘うように、


「ねぇ。一緒に遊ぼーよ!!」

「仕事?休め〜!」

「学校?サボれ〜!」

「お母さんが?一緒にどうぞ♪」

「お父さんが?運転手だな。」

オイラは、まだカンボジアと出会ったことのないみんなを強引にでも誘っちゃうんだから〜!!

もちろん無理し過ぎちゃぁダメだよ。



でもそれでも。

も〜出会っちゃいなさ〜い!

まずは8月18日の香川県は小豆島〜!!

カンボジアっ子にとって、日本で最初のステージ!!


いやぁめっちゃ緊張するんやろうなぁ。目に浮かぶ!!

2010_7_30_cambo11280_001.jpg

2010_7_30_cambo11284_005.jpg

お調子モンのアイツ大丈夫かなぁ?

2010_7_30_cambo11281_002.jpg

お腹痛くなったりしそうだなぁ。

2010_7_30_cambo11285_006.jpg

そんなときに、1000人の日本人たちが

「大丈夫!大丈夫!」ってステージを見守ってくれてたら、

きっと大丈夫!!



竹炭職人 のキムと小豆島のスタッフが鼻息荒くがんばってます♪

でも集客はまだまだなの。

今日はちょっと長くなっちゃったけど、

下記、キムの想いと合わせて詳細ご覧ください。

2009_11_11_137.jpg



変わってはいますが、




2009_11_11_348.jpg



悪い人じゃありません(笑)

※詳細のみ見たい場合はこちらから↓↓

●ジャパンツアー小豆島イベント → http://bit.ly/a3LIjm

===========
小豆島イベント主催のキムからみなさんへ

カンボジアと出会ってから6年が経ちました。

僕は世界の悲惨な状況を実際にこの目で見に行くためにカンボジアに行きました。

臭く、ハエだらけの掘立小屋で暮らす、スラムやゴミ山の人たち。

想像していた以上のひどい暮らしでした。


だけど、僕の想像と全くかけ離れていたものもありました。

そこで暮らしている人たちの顔には、

見たこともないような、キラキラとした笑顔があふれいたんです。


もし神というものが存在するなら、僕は彼らの中に神を見た気がしました。

子どもたちは、まさに天使そのものでした。


「あの子たち日本に連れてきたら、絶対すごくね!!!」

そんな思いつきで始まったジャパンツアーも、今年で4回目になりました。

それははるかに僕たちの予想を超えたものでした。

子どもたちは教えてくれます。

「心から笑うしあわせ」

「人に喜んでもらうことの喜び」

「本気で生きることの素晴らしさ」

そしてここ日本にも、同じことに気がつかせてくれる人たちがいます。

FUNKIST。
森源太。
そしてIZANAIです。

僕たちの中では、4回目のジャパンツアー開催が決まったその瞬間から、

ゲストはFUNKIST、森源太、IZANAIに決まっていました。

FUNKIST、森源太は歌で、IZANAIは踊りで。

国や環境なんて関係ない。
僕たちは今、ここで、一緒に生きている。

そんなことを感じてもらえたら嬉しいです。

みんなで一緒に笑い合えたら、

最高に幸せです。

=========

絶対にうまくいくと信じて、一生懸命やっています。

でも、あと3週間を切ったところで予約が100人。

自分の力不足に愕然としながらも、

今、出来ることを一つずつ

やっていこうと心に決めて動いています。

今から800人の人を集める。

不安になることもたくさんあります。

でも最後まで諦めません。

どうか皆さんの力を貸して下さい。

力になってください!

こんなサポートをぜひお願いします!

●お友だちを誘ってイベントに来て下さる(大感動サイコーのイベントです!)

●僕と電話で相談に乗って下さる(09017614839です)

●小豆島イベントのスタッフになって下さる

●小豆島イベントのチラシを配布して下さる

●イベントに来たお客様や知人に告知メールを流して下さる

●ブログやMIXI、ツイッターなどで告知をして下さる

どんなことでもご連絡お待ちしています!

木村剛士
kimkimkim1202@yahoo.co.jp

よろしくお願いします!


以下、イベントの詳細です。

=========
2010年8月18日(水曜日)

カンボジアの天使が舞い降りるJAPAN TOUR vol4ジャパンツアー小豆島イベント!!

会場:小豆島ふるさと村イベント広場
12時会場
13時開演
17時終了予定


出演者
カンボジアの子供っち(踊り)
FUNKIST(歌)
SUGA IZANAI (踊り)
森源太(歌)

チケット
大人      2500円
中・高校生   1500円
小学生     1000円
小学生未満  無料

※当日券の方は、500円アップです。
※イベントの経費を除いた、利益は、カンボジア支援に充てさせて頂きます。

オススメ情報!!
18日、小豆島に宿泊したい方は、ふるさと村からすぐ近くにある、国民宿舎さんを予約させて頂いております。
せっかく小豆島まで来たのに、日帰りなんてもったいない!!
イベント会場すぐ近くの国民宿舎にのんびり泊まって、
みんなと熱く楽しく語っちゃってください!!

宿泊代は、 素泊まり(食事なし)4000円です。
宴会代は別途かかります。

※なんと!!国民宿舎さんのご好意で、宿泊した方の人数に応じて、カンボジア支援をさせて頂きます!!
※人数に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。

■お問い合わせ
電話 0879−82−3703  13時〜18時 土日休み(事務所)
メール:info(at)maketheheaven.com (at)を小文字の@にして送って下さい。

■ご予約はこちらのフォームから
https://pro.form-mailer.jp/fms/d8526aa110834

posted by Funny!!平井慶祐 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【けいすけの凸凹日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。